2015年11月17日

角栓に効くオロナインの使い方

鼻や小鼻を中心にとても気になる角栓の詰まり。角栓は皮脂や汚れが毛穴に詰まった状態です。見た目の悪さはもちろん、手触りもざらざらボツボブとしていて、鼻の角栓はとにかく気になります。そんな毛穴の角栓対策に、いま注目を浴びているのが「オロナイン」。オロナインを使って簡単にできる角栓ケアをご紹介します。


男女問わずお肌の悩みとして挙げられるのが「鼻の角栓詰まり」。今回はオロナインを使って簡単にケアしちゃう方法です。以前ご紹介したオロナインパックのやり方と合わせて参考にしてください。

【画像あり】鼻の黒ずみ対策!オロナインパックのやり方

オロナイン(正式名称:オロナインH軟膏)とはそもそも、お肌のケアのために作られた軟膏です。一般的にはあかぎれや傷、ひび割れなど、お肌が傷ついたときに使用する人が多いようです。しかし、オロナイン公式サイトにもあるように、実はニキビや吹出物といった毛穴汚れにも効果がある軟膏なんです。意外に知られていないですよね。

オロナインの角栓ケア

それでは早速、オロナインを使った角栓ケアの方法をご紹介していきます。

オロナイン洗顔

これはその名の通り、オロナインを使って角栓を落とすための洗顔です。やりかたはとっても簡単。

(1)オロナインを角栓の気になる部分にたっぷりと塗る

(2)10〜15分ほどそのまま放置

(3)ぬるま湯でオロナインを洗い流す

たったこれだけです。オロナインには角栓や毛穴の汚れを乳化する働きがあるため、オロナインを角栓に塗るだけで、角栓を浮き上がらせてくれるんです。オロナインを落としたあとに、普段使っている洗顔料で洗顔すると、いっそう効果的です。これだけで角栓が落とせるので、とっても重宝します。

オロナインパック

こちらはいまや有名なオロナインパックです。ご存知のかたも多いかと思いますが、角栓のケアに非常に効果があります。オロナインパックのやり方は次の通りです。

(1)オロナインを角栓の気になる部分にたっぷりと塗る

(2)10〜15分ほどそのまま放置

(3)ぬるま湯でオロナインを洗い流す

(4)市販の毛穴パックを使う

つまり、オロナイン洗顔後に市販の毛穴パックを使う部分が追加されただけです。動きやすくなった角栓を毛穴パックの力で引き出すイメージですね。これだけで目に見えて効果が違ってきますので、ぜひ毛穴パックを用意して試してみてください。

さらに詳しくはこちら ↓

【画像あり】鼻の黒ずみ対策!オロナインパックのやり方

より角栓を落とすために

ここまでご紹介したオロナイン洗顔やパックだけでも十分効果はありますが、「もっと角栓を落としたい!」という方のために、洗顔やパックの効果を高める方法をいくつかご紹介します。

・角栓ケアの前に毛穴を開く

蒸しタオルを顔に乗せる、しっかりと入浴を行い、毛穴を開いておくことでオロナインが角栓へ働きかける効果が高まることが期待できます。また、汗をかくような運動も、毛穴を開くために効果的です。軽いジョギングなどで事前に汗をかいておくこともおすすめです。

・角栓ケアの後に毛穴を締める

オロナインを使った角栓ケアは、毛穴が開きやすくなるという特長があります。角栓ケアを行ったあとは、化粧水などでしっかりと毛穴を引き締めるようにしましょう。毛穴を引き締めておくことで、角栓詰まりの原因となる汚れが毛穴に入りくくしておくことが大切です。

このようなちょっしたひと手間が、角栓ケアをより効果の高いものにするかどうかの分かれ道です。手間を惜しまず、正しい角栓ケアを心がけましょう。オロナインで簡単にできる角栓ケア、いかがでしたか?コストパフォーマンスも抜群の角栓ケア、ぜひ試してみてくださいね。

画像出典:オロナイン公式サイト


このサイトについて

株式会社レトロミームが運営する美容に関する情報サイトです。お肌のくすみや毛穴よごれ、黒ずみ対策など、美容に関する様々なコンテンツをお届けします。

記事のカテゴリー

気になるテーマごとに記事をご紹介